doctor

ヘルニアとは、臓器や骨が本来の位置ではない場所にとび出てしまっている状態のことである。
ヘルニアの一種としては、所謂でべそや脱腸、椎間板ヘルニアなどが知られている。
ここでは椎間板ヘルニアについて、症状や治療法を以下に述べる。

椎間板ヘルニアとは、脊椎にある椎体という骨の間にある椎間板という軟骨が、何らかの形で変形してとび出してしまうことにより神経が圧迫されている状態のことである。
椎間板により神経が圧迫されるため、腰から足にかけての下半身が痺れ、歩行困難に陥ることもある。
病院で治療を行う場合には、まずは主に整形外科で診察や画像診断を受ける必要がある。
椎間板ヘルニアと診断された場合には、炎症を抑える内服薬や、塗り薬や湿布を用い、症状の経過によりコルセットの併用などが行われる。
症状がひどい場合には神経を遮断するブロック注射を行うことがある。
椎間板ヘルニアは、長く放置しておくと足の筋力の低下などを招き、治療も大掛かりで長期間にわたる可能性が高くなるので、早めに病院に行くことが肝心である。

開業医や病院

ヘルニアは頸と腰に症状が出る事が多い疾患です。
頸から腰までの背骨の一部に症状が出るのがほとんどです。
骨と骨の間のクッション部分の軟骨が狭くなってしまう狭窄の症状から、骨の外側に神経部分がはみ出てしまい圧迫されている症状まで幅広くあります。
痛みの範囲や強度も症状によってまちまちになりますが、いったん痛みが出ると痛みに耐える為に筋肉が固まってさらに症状が強まるという悪循環になりがちなので病院をはじめとした医療機関に早めに受診しましょう。

ヘルニアの治療はまず痛みを鎮めて、症状が出ている部位を正確に割り出した上で行います。
開業医や病院などで受診する科は外科の系統になります。
ヘルニアの専門医も徐々に増えてきているので、専門医を受診するというのもひとつの方法です。
整形外科や形成外科になりますので、あらかじめ電話で問い合わせをしてから受診するとよいでしょう。
痛みを鎮める為の治療と同時にレントゲンと触診で症状を出している原因の部位を特定する事になりますが、痛みを鎮める為の処置は最も痛みが強く出ている部位の近くの神経節に直接痛みどめの注射をする事がほとんどです。
痛みをやわらげる事で患部周囲の筋肉のこわばりをおさめる事になります。
痛みどめの注射の効能を長く持たせる為に湿布薬が処方される事もあります。
患部の痛みを鎮めてからリハビリで症状を軽減たり、けん引をはじめとした外部からのアクセスによる治療を行う事があります。
重症になる場合だと外科的な手術を執り行う事がありますので、痛みが治まった時点で医療機関とどのような治療で回復させてゆくかをしっかりと相談しましょう。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031